パワー充電

妊活を頑張ってくれている美香さん。

薬や治療の影響で体調を崩しやすく、精神的にも不安定になっています。

夫婦二人で取り組む事なのですが、やはり女性である美香さんにほぼ負担が掛かる状態です。

出来る限り参加したいので「何か出来る事はない?」と聞くと、

「焼き肉が食べたい」とのことで焼き肉へ。


ポッチャリ体型の僕ですが、美香さんとお付き合いするまでは10年間近く焼き肉店に行くことがないほど、外食する際のチョイスに入ることはありませんでした。

反対に細身の美香さんは焼き肉が大好き。何よりも笑顔が出ます。

本日もとても喜んで頂きました。

妊活でストレスを溜めている美香さんに、少しご奉仕出来て良かったです。

コーヒーハンター川島良彰氏プロデュース、コロンビア・ベジャビスタ農園発売

本日コーヒーハンターシリーズ、コロンビア・ベジャビスタ農園の発売開始しました。

クリーンマウスフィール、フルーティだけどしっかりコクと甘みが感じられます。
酸質もきれいでマンダリンオレンジのよう。

早い段階で完売が予想されるので、興味のあるかたはお早めにお求めください。

久しぶりに「蕎亭はる」さん

久しぶりに「蕎亭はる」さんに行くことが出来ました。

お休みを返上しての作業であったり、妊活のタイミングで何かとバタバタしていて、2ヶ月ぶりの来店です。

社長の蕎麦は強さがあり、香りが繊細です。つけつゆは濃度がしっかりしていて、甘めの味わいです。

いつも通り2枚頂き、お腹が満たされてホッとしていると社長から「拓郎さんコーヒー飲んでいき」と嬉しいコーヒーのサービス。

社長の淹れるコーヒーはプロの目から見ても、味がしっかり抽出されているのに、雑味は落としていない絶妙な淹れ方です。

やはり、食に携わる職人さんの感覚は研ぎ澄まされています。

本日も美味しいお蕎麦にコーヒーをごちそうさまでした。

まつたけ!!!!!

美香さんのお父ちゃん、お母ちゃんから「松茸」を頂きました。

かさが開ききっているのですが、自宅で頂く分には最高です。

美香さんが「松茸を調理したことが無いのでよろしく」とのことなので、松茸ごはんにでもしようかと思います。

たっぷり秋の味覚を楽しみたいと思います。

四国中央市へ

本日はお休みですが、少し仕事があるのでバタバタしていました。

午前中はいつも豆を使ってもらっている四国中央市の「白石菓子舗」さんと「Cadette」さんに行きました。


やっぱり白石菓子舗の幸平さんが炊いているあんこは絶品。鮮度が良くて、小豆の香りがあって美味しいです。

そして、「Cadette」さんでランチを頂きました。


どれも綺麗に丁寧に作られていて、メインディッシュのチキンソテーと野菜の煮込みは鶏の旨味と野菜の旨味が出ていて美味しかったです。

ここ最近定休日も仕事があって、なかなかランチに出掛ける事が出来なかったので、久しぶりに羽を伸ばすことが出来ました。

ナチュラルの味わい

スぺシャルティコーヒーにコーヒーに出会い15年ほど経ちました。

当時は現在ほど細かくキャラクターが分かれておらず、品種も多くありませんでした。

ただ世界的な高品質コーヒーの需要が高くなり、それに伴い生産者も切磋琢磨し精選方法や品種改良、マイクロロットの生産に力を入れて供給してきました。

本当に現在のスペシャルティコーヒーはキャラクターが豊かだと思います。

そして、僕がスペシャルティコーヒーに出会った当時ナチュラルはキャラクターははっきりしているものの雑味も多い飲みにくい印象のものが多かったのですが、それも豆自体の品質が飛躍的に上がりナチュラルのキャラクターの強さは感じつつ雑味が無いものが出てきています。

秋にはそのナチュラルを楽しむ企画を考えています。
乞うご期待!

「蕎亭はる」さん


本日のお昼ご飯は「蕎亭はる」さんで頂きました。

こちらもミシュランガイド掲載店。抜群のクオリティと安定感です。

食後は稲井社長がドリップしたコーヒーを入れて頂きました。

コーヒーの入れ方も、しっかり成文が抽出されていて最高に美味しかったです。

そして、帰ってからは現在思案中のブレンド創りに没頭しました。

稲井社長、美味しいお蕎麦に食後のコーヒーまで頂き、ありがとうございました。

「珈琲時間」に掲載されます



全国で発売されている、珈琲の専門誌、大誠社さんの「珈琲時間」に掲載されます。

何と今回で三回目。しかも、大きめに扱ってくれています。

当店のようなごくごく小さい焙煎店が全国に名を轟かせている「珈琲時間」に取り上げえもらえるのは身に余る光栄です。

6月26日の発売予定です。

異文化交流?

少し前から韓国の女性が来店してくれています。

新居浜は住友の町なのでアジア中心に外国の方も働いているので、多く住んでいます。

その韓国人女性はCさんと言い、やはりご主人が住友で働いているので、こちらに在住しているといいます。

日本語はまだこちらに来られて9ヶ月ということもあって、まだ辿々しい感じがあります。

それでも、僕は異文化に興味津々なので、とても怪しい英語でやり取りをします。

それで、色々なことを聞いてみると何と、Cさん。

韓国で焙煎所を経営しているそうです。

主に卸とネット販売に力を入れていて店頭販売はしていないそうです。

それなので、Cさんは僕が焙煎しているところ、ハンドドリップしていると、とても多くの質問をぶつけて来てくれます。

僕も聞きたいことばかりなので、かなり話し込んで仲良くなりました。


そうしたらCさん。「うちのコーヒーを飲んで」とドリップバッグを持ってきてくれました。

店名「SIGO」さん。Cさんに店名の意味を聞くと韓国語で「silence」と同じだという。

静かな一時に飲んでほしいとのことで、こちらのsigoさんにしたのだといいます。

早速晩御飯のあとに飲ませてもらいました。

Cさんのお店もスペャルティの専門らしく、頂いたのはブレンドとケニアの2銘柄。

ブレンドはモカ・イルガチェフのナチュラルを活かした、モカ・ブレンドだということが分かりました。

とても上手くまとめられています。

ケニアはシティぐらいで煎りあげていて、香りと酸味を活かしたバランスの良い煎り加減でした。

Cさんありがとうございました。

頂きました


常連さんのKさんから広島のチョコレート専門店「マルコ」さんのチョコレートの詰め合わせを頂きました。

濃厚なカカオのビターさとコクと香り。まさに専門店のチョコレート感がたっぷり味わえるものばかりです。

温めた牛乳に溶かして飲むショコラオレは美香さんのお気に入りとなったみたいです。

Kさん美味しいチョコレートをありがとうございました。